125CCの原付二種スクーター(アドレスV125)の燃費はどれぐらい?

アドレスV125(K7)

アドレスV125の燃費はどれぐらいなのか

 原付二種「アドレスV125」を購入したのは、2007年5月ですから、もうそろそろで8年乗っている計算になります。
 K7といわれるモデルです。
 バッテリーは駄目になりやすいけど(乗り方による)、そのほかは特に問題ありません。
 エンジンのかかりもよいし、異音などもありません。
 ベアリングも大丈夫みたいです。

 アドレスV125の整備記録については以下のエントリーをご覧ください。
原付二種スクーター(アドレスV125)の7年間の整備記録

 アドレスV125のバッテリー交換については以下の記事をご覧ください。
アドレスV125(K7)のバッテリーを交換する

アドレスV125の燃費は平均38

 本題はアドレスV125の燃費についてです。
 アドレスV125は125CCクラスのスクーターの中で、特別燃費がいいわけでも、悪いわけでもないようです。
 ということで、他の車種でも参考になるかもしれません。

 給油量については、燃費を計測するパソコンアプリにせっせと入力してまして、全部の記録があります。
 それによると8年間で250回の給油をしています。
 燃費は平均でリッター38です。
 つまり1リッターのガソリンで、38キロメートル走ることが可能、という意味です。
 最高燃費はリッター45で、最低は35です。
 給油するまでの距離ですが、平均は160キロメートルで、最高は205キロメートル。
 1回の給油量は、平均で4.2リッター。

アドレスV125の燃費は、季節によって差が出る

 アドレスV125の特性らしく、冬場は燃費が悪くなって、夏場は良くなる傾向があります。
 だいたい1~2割程度の範囲です。
 夏場は、リッター40もそんなに珍しくありません。
 冬場はリッター36~7前後でしょうか。

 通常は、燃費などは徐々に悪くなっていくはずですが、それを感じたことはありません。
 新車のときと比べても、燃費が悪くなっている感じはしません。
 アドレスV125はかなり丈夫なつくりになっていると考えて差し支えないと思います。

 注意している点ですが、定期的にタイヤの空気圧はチェックしています。
 空気が抜けていると、燃費は悪くなります。
 同時に、タイヤに異物が刺さったりしていないかも調べています。
 いちど、釘を拾ったことがあって、後輪に思いっきり刺さっていました。
 前タイヤで釘を踏んで、後ろタイヤにブスリと刺さったようでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました