乗り始めて10年過ぎた125CCスクーター(アドレスV125)にあと何年乗り続けるか

10年目を迎えたアドレスV125

 原付二種スクーター「アドレスV125(K7)」を新車で購入したのは、2007年6月のこと。
通勤用として125CCのスクーター「アドレスV125」を購入
※記事の日付は2007年6月だけど、10年前に書いたものではないです。当ブログは2014年開設なので、その頃に、日付を調整して書いた記事です。

 アドレスV125、10年間乗って、走行距離は4万3000㎞です。
 思ったよりも少ないです。
 自営業になってからは、通勤する必要がなくなったので、極端に走行距離は減りました。
 給油の頻度は、かつては月に2~3回程度。
 現在は、2~3ヶ月に1度ぐらい。
 下手すると、アドレスV125、なくのてもそんなに困らないかもしれません。
 けどいざ、ないとなると、少し不便です。
 売るつもりはないけど、もし致命的な故障が発生したら手放すかもしれません。
 買い換えは……たぶんしません。
 経済的に余裕が出来れば、買うかもしれません。なんだかんだと行って、原2スクーターは便利なので。
43000キロ走ったアドレスV125
 アドレスV125の走行距離は43000㎞です。
 2輪のエンジンは高回転型です。
 4輪としてなら、2倍ぐらいの距離として考えてもいいと思います。
 なので、もし4輪の走行距離として換算すれば8万6000㎞ぐらい……でしょうか。
 車で走行距離が8万キロなら、まあ普通の中古車というイメージです。

125㏄のスクーターの寿命

 ネットでは、125㏄のバイクは3万㎞も走れば寿命が来るみたいに書かれていることもありますが、ノーメンテナンスなら、確かに3万キロぐらいが目安かもしれません。
 しっかりとメンテしていれば、3万㎞なんて大した距離ではありません。
 5万㎞、7万㎞というのもよく聞きます。
 10万㎞……ぐらいが買い換えとかの目安かもです。
 特に根拠はないです。
 乗り方にもよるはずです。

 たとえばアドレスV125で、走行距離10万㎞越えているとしたら「よく走った」と感心します。

 いまでも、20年前のスクーターとか普通に走っているので、2007年に購入したアドレスV125をあと10年乗っても問題ないと思います。しっかりと整備はしないといけないでしょうけど。
 整備については以下のエントリーをご覧下さい。
原付二種スクーター(アドレスV125)の7年間の整備記録
原付二種スクーター(アドレスV125)の整備費用のまとめ「ブレーキ、駆動系、タイヤ、オイルにかかる料金」

コメント

  1. オリーブ君 より:

    私のアドレスは来年3月で、ちょうど10年になり、現在メーターは4万キロです。
    同じぐらいの状態ですね。
    K7が11.2馬力で、K9は9.9馬力ですから乗り換えた方々は、加速に不満があるようです。
    私は修理しながら10万キロを目指そうと考えています。
    でも近頃は、エンジンオイルの減り方が激しく、千キロ走ると、レベルゲージが付かなくなる状態です。エンジンオイルを少し硬めにし、ワコーズのエンジン添加剤で様子を見ているところです。
    もしも10万キロを越えたらピストンとリングを交換して、さらに20万キロを目指すつもりです。その前に、私の寿命の方が、早く来るかも知れませんが。(爆)

    • yamabekaname より:

      コメントありがとうございます。
      自分も10万㎞ぐらい乗りたいですが、年間走行距離が1000㎞ぐらいなので……。
      あと10年乗るとして、そのときの距離は、6万㎞ぐらいでしょうか。
      10万㎞に到達する前に手放しそうです。
      さすがに乗り始めから20年経つと色々とガタが来そうではあります。

タイトルとURLをコピーしました