ブログの画像と文章の位置

 ネット上の文章と画像の配置について、ブログに限らず、SNSでも当てはまりますが、ある画像に対しての説明の文章は、画像の「前の文章」なのか、または画像の「後の文章」が良いのか。
 以下は一例です。

 焼きそばです。作り方は肉と野菜を炒めてソースで味付け。
Zenfone Max M2のカメラで焼きそば


Zenfone Max M2のカメラで焼きそば
 焼きそばです。作り方は肉と野菜を炒めてソースで味付け。

 自分的には後者(画像の下に文章)のほうがわかりやすいです。

Zenfone Max M2のカメラで焼きそば
 ▲焼きそばです。作り方は肉と野菜を炒めてソースで味付け。

 ▲このように記号があるとなおわかりやすい。
 上の画像は、薄いブルーで囲んでいますが、もしこういう囲みがあると、前でも後でもそんなに違いはないと思います。囲んでいると文章と画像がセットになるから間違えようがありません。

 画像が1枚の場合は、文章が前だろうと後だろうと、どちらでも良いと思います(個人的には後のほうがわかりやすい)。1枚ならゲシュタルトの近接法則も関係ありません。

 個人ブログなどで時折見かけますが、文章と関係ない画像をアップする人もいます。
 画像と文章には関係ないけど、時候の挨拶や近況報告なんて全くの無駄。

 以下は比較です。

 焼きそばです。作り方は肉と野菜を炒めてソースで味付け。
Zenfone Max M2のカメラで焼きそば
 不二家のショートケーキです。おいしい。
不二家のプレミアムショートケーキ
 外付けのサウンドカードです。PCの音質がアップする(かもしれません)。
SB-XFI-SR5R2パッケージ
 吉野家のドリンクバー。
吉野家のドリンクバー

 ▲画像が多くなると何がなんだか、文章と画像の関係がよくわからなくなります。

Zenfone Max M2のカメラで焼きそば
 ▲焼きそばです。作り方は肉と野菜を炒めてソースで味付け。
不二家のプレミアムショートケーキ
 ▲不二家のショートケーキです。おいしい。
SB-XFI-SR5R2パッケージ
 ▲外付けのサウンドカードです。PCの音質がアップする(かもしれません)。
吉野家のドリンクバー
 ▲吉野家のドリンクバー。

 画面を見たとき、まず画像に目が行くはず。
 そのあと目線は下がるはず。そこに文章があれば自然に読めるはず。
 そこに▲の記号があると、この文章はこの画像に対してのものなのだなと視覚的にわかります。

 以上はあくまで個人的な考えです。
 まあ、他の記事とのフォーマットとの兼ね合いとかもあるかもしれません。

Zenfone Max M2のカメラで焼きそば
 ▲焼きそばです。作り方は肉と野菜を炒めてソースで味付け。
不二家のプレミアムショートケーキ
 ▲不二家のショートケーキです。おいしい。
SB-XFI-SR5R2パッケージ
 ▲外付けのサウンドカードです。PCの音質がアップする(かもしれません)。
吉野家のドリンクバー
 ▲吉野家のドリンクバー。

 ▲これが理想と思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました