ゴーゴーカレーを家で再現してみる

銀座カリーをゴーゴーカレー風にアレンジ

お家でゴーゴーカレーが食べたい

 ゴーゴーカレーが食べたくなったけど、お店は近くにありません。
 なので自分で作ってみました。
 ゴーゴーカレーは、金沢カレーがもとのようです。
 金沢カレーは、カラメルがはいっていて、かつ皿がステンレスで、ご飯が見えないように全体にルーをかける等々、色々と決まりがあるようですが、ざっくりと味だけを似せてみました。

レトルトに一手間加えて作ってみる

 カレーを最初から作るのは面倒なので、銀座カリーの辛口を使用しました。
 この銀座カリー、200円以下のレトルトカレーの中では味は抜群にいいと思います。
 今回は辛口を使いましたが、中辛でもいいと思います。
 砂糖の量は加減してください。

 以前、銀座カリーにケーキシロップを混ぜて金沢カレー風にならないかな、と試したけど、そのときは単に甘みが増したカレーになっただけでした。
 今回は上手くいったので紹介します。

ゴーゴーカレーのポイントはカラメルとウスターソース

 作り方は簡単です。
 鍋に、砂糖大さじ一杯を投入し、火を付け、カラメルを作ります。
カラメルの作り方その1
カラメルの作り方その2
 ▲途中、ほんの少し水を入れると良いです。
 火加減には注意してください。
 真っ黒になったら失敗。茶色ぐらいが良いです。

 カラメルが出来たら、同じ鍋にレトルトカレーの封をきって投入します。
 カラメルが底にこびりついているので、よく混ぜてください。
 頃合いを見てウスターソースを投入します(多めで)。
 弱火で3~4分煮込んで、カラメルとウスターがカレーに混ざれば完成です。
カラメルに銀座カリーを加え煮込む
銀座カリーをゴーゴーカレー風にアレンジ

追記

 何度か作ってみましたが、砂糖の量によって味が変わります。
 砂糖が多いと甘ったるいだけのカレーになるし、少な過ぎると、ゴーゴーカレーのようにはなりませんでした。
 再現は難しいです。

 コツとしては、ウスターソース多めで、砂糖は少な目がいいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました