ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドの感想|ニンテンドースイッチ

ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド

 ニンテンドースイッチを購入したので、評価の高い「ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド」をプレイしてみました。
 面白いかと聞かれたら――微妙なところ。
 少なくとも自分は合いませんでした。

 簡単そうに見えて難易度は高めだと感じました。
 プレイヤーがロストしても、直前からやり直しはできますが。

 攻略に関する情報がなさ過ぎて、攻略サイトを見ながらでないと先に進めませんでした。
 防寒着を作るのにヒントが少なすぎです。
 最初のパラセールは、だまされた気分でいらっとしました。

 アマゾンのレビューだと絶賛が目立ちますが、その絶賛レビューのせいで、期待値を上げすぎたのかもしれません。
 残念ながら、あくまで子供向けなのかなと。
 それにしては攻略に関してが不親切で、ちょっとちぐはぐ。

 あと自由度が高いと聞いていたので、スカイリムに似ているのかなと思ったらそうでもなかったです。

 ちなみに本作におけるアマゾンのレビューは、星1と2は合計でおよそ6パーセント。
 100人いると、6人は酷評する計算です。
 星3つ以下だと、およそ10パーセント。100人いると10人はそんなに楽しめなかったことになります。
 なので結構な割合でこのゲームに合わない人がいるのは確かなようです。

 しかし逆に星4と5は全体の9割ですから、相当評価は高いゲームでもあります。

 任天堂のゲームのアマゾンレビューで、時々、自分語りみたいな文章を書く人がいますが(長文の場合が多く、レビューの上のほうに表示されている割合が高い)、このゼルダでもそうだし、マリオとかも、どうぶつのもりなどのレビューでも存在しますが、あれは正直、目くらましみたいなものだと感じました。
 その人の境遇や子供の頃のエピソードや、そのゲームとの出会いなどが、そのゲームの面白さに影響するとは思えないです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました