びっくり亭の焼肉を家で再現

 この前、高宮のびっくり亭でご飯を食べました。
 おいしかったです。
 詳細については以下のエントリーをご覧下さい。
福岡市高宮「びっくり亭」の焼肉定食は世界一おいしい?

 さて、家で作ってみます。
 完全に再現するのは無理でも似せることは可能だと思います。
 ちなみに私は調理師免許を持っています。
 15年ほど飲食店の厨房に勤務しました。

「びっくり亭」の焼肉定食は辛味噌がキモだと思います。
 けど、辛味噌なしでも十分おいしいし、びっくり亭と全く同じ辛味噌を作るのはほぼ無理なので、今回は辛味噌はなしにします。
 びっくり亭は辛味噌が決め手だと思っている人には物足りないかもです。
 
 一応一般的な辛味噌の作り方だけ書いておきます。
味噌(赤味噌使用) 大さじ1
豆板醤 こさじ1
砂糖 適量
みりん こさじ1
ニンニクチューブ 適量
唐辛子 適量
びっくり亭の辛味噌(もどき)
 ▲砂糖は、多めに入れたほうがいいです。
 味を見て、甘みが足りないなら砂糖をさらに増やしてください。
 辛いのが好きな人は、唐辛子をたくさん入れるといいです。

びっくり亭の焼肉を作る!

 本題の、びっくり亭の焼肉の再現ですが、材料は以下のものを使用。
キャベツ
豚肉(今回はロースを使用。厚めの豚バラでもいいと思います)
塩胡椒
砂糖(ほんの少し)
ニンニクチューブ
サラダ油
うまみ調味料、味の素

※本家びっくり亭は、豚サガリを使用しているみたいです。
※ラードはお好みで。私は個人的に好きではないので使いません。
※砂糖を入れると味がマイルドになります。入れすぎると甘くなるのでほんのひとつまみぐらいです。

 作り方は、フライパンにサラダ油をひいて、豚肉を焼きます。
 今回お肉は豚ロースを使用(焼き肉用の豚バラなどでもOK)。

 お肉に火が通ったら、ざく切りにしたキャベツを入れます。
 強火で炒めながらニンニクチューブを投入。
 キャベツがしんなりしてきたら砂糖を少量入れ、そのあと塩胡椒などで味を付けて完成。
※脂が多い場合はキッチンペーパーなどで吸い取ってください。

 鉄板はないのでお皿に盛ります。
びっくり亭の焼肉を家でつくる
 ▲見た目は普通の野菜炒めです。
 食べてみると――うまい。
 マジでうまい。
 びっくり亭と同じ味とまではいえないけど、これはこれでうまい。

 ポイントは2点。
 味付けは最後。
 キャベツはしっかりと火を通す。

 お試し下さい。

 もしびっくり亭と同じにするならやはり鉄板は外せないと思います。
 熱々のまま食べることができます。
 あとは油の量は多め。
 加えて、辛味噌追加。
 上記3点を追加すれば、びっくり亭の味に近づくはずです。

 しかし全く同一のものを作るのは難しいです。
 店舗に食べに行くのが最善です。
 今回のはあくまで「もどき」です。

 副菜は、輪切りの黄色いたくあん!
 あとは、麩とワカメの味噌汁(味は薄め)があれば最高です。
びっくり亭の焼肉到着!
 ▲福岡市高宮「びっくり亭」の焼き肉定食1人前。

追記

 久しぶりに作ってみました。
 今回はお肉は豚バラを使用。
 お皿は使わずフライパンのまま食べました。
豚バラでびっくり亭の焼肉を再現
 ▲ロースより豚バラのほうがおいしいようです。
 たくあんと白味噌の味噌汁が合います。
びっくり亭の焼肉を再現
 ▲辛味噌も添えました。
 おいしい!

コメント

  1. ひろひろ より:

    びっくり亭の豚肉はあらかじめニンニクや調味料など下味を揉みこんで付けてあります。自分はニンニクに味の素にラードを揉みこんで2~3時間漬け込んでからキャベツと合わせて焼きます。

  2. yamabekaname より:

    コメントありがとうございます。つけ込んだ方が味がしみておいしいかもしれませんね!

  3. より:

    塩胡椒ではなく
    塩1ハイミー又はいの一番1の割合で肉に味をつけてみるとお店の味に近づきました
    ちなみに昔カウンター席でよく食べてました笑

    • yamabekaname より:

      コメントありがとうございます!
      言われてみればあまり胡椒は入ってない感じですね。
      ハイミーは美味しいと思います。

  4. みかん より:

    ケンミンショーでやってましたね。
    ラードに牛モツの油、塩・うまみ調味料にんにくで炒めてました。
    辛みそは、韓国のタデギで検索するとでてきます。
    タデギでかなり近づきます。韓国唐辛子が肝ですね♪

    • yamabekaname より:

      コメントありがとうございます。
      韓国辛味噌の情報ありがとうございます!

タイトルとURLをコピーしました