ノートPC「Inspiron11 3000(エントリー)」レビュー

 サブPCとしてテキスト専用機(ノートPC)が欲しくなって某オークションで探して、アスパイアワンD250という、2009年発売のネットブックを落札しました。
 D250は使用時間は短くて程度は良かったけどCPUが低性能過ぎました。
ミニノートPC購入記|前編
ミニノートPC購入記|後編
アスパイアワンD250の液晶
 ▲タイピング中、文字変換候補を表示させるときにラグが発生するので、さすがにCPUの性能が低すぎると痛感して、もう少し高スペックのノートPCを某オークションで購入しました。
 富士通のFMV-BIBLO LOOX C/E70という機種で、発売当時はミドルクラスのモバイルノートでした。
FMV-BIBLO LOOX C/E70のキーボード
 ▲FMV-BIBLO LOOX C/E70は重量が少し重いけど、使用時間もそれほど長くないし、液晶もまだきれいでした。
 良い買い物だったなと思っていたところ――

 DellのInspiron 11 3000シリーズの最も安価なタイプ(つまり最も低スペック)が、安価な価格で売り出されていました。
 思わず衝動買いしました。

 最初からこのInspiron 11を買えば良かった、ということですが……自分が価格を調べたときは、Inspiron 11(エントリーモデル)は27,000円前後だったので、あまり安価とも思えませんでした。
 今回、2万円を切る価格で購入できました。
 19,980円! 税込み!! 配送料込み!!!
 低スペック型のしかも型落ちなので安かったのだと思います。

 購入したのはAmazonではなくてNTT-X STOREというお店。

 Amazonで販売中のこのモデルは、メモリが4GBあるので、自分が今回購入したInspiron 11の後継になるはずです。
 自分がNTT-X STOREで購入したInspiron 11は、メモリ2GBのタイプ。
 CPUはCeleron N3050。
 ストレージはeMMCの32GB。
 液晶サイズは11.6 インチ(1366×768)。
 発売年度は、たぶん2017年5月!

 近頃10年近く前のノートPC(2009年製)をいじくっていた身としては驚異的な進歩です(Inspiron 11 3000は、2016年ぐらいから販売しているようです)。
 衝動買いしてしまったInspiron 11 3000のエントリーモデルですが、スペックについては、前述の通り相当低いです。
 性能は低いけど、ゼロスピンドルなのは魅力的。
 音も静かです。
 あまり発熱もしません。

Inspiron 11 3000のエントリーモデルの記憶装置

 ストレージ容量が32GBなので相当少ないです。
 これについてはSDXCカード、もしくはSDXCカードを追加するつもりです。
 8GBのSDHCカードが手元にあったのでとりあえずそれを突っ込んでいます。
 いずれ32GBか64GBに変更予定。

 ちなみにSDカードの規格は、SDHCは32GBまで。
 SDXCカードは64GBから2TBまで。
 大容量なのは値段が高いですけど。

Inspiron 11 3000の外観、サイズ

Inspiron 11 3000(エントリーモデル)
Inspiron 11 3000(エントリーモデル)のセットアップ
 ▲Inspiron 11 3000の大きさは手頃です。
 小さすぎず、大きすぎず。
 持ち運びには便利です。
 質感は、あまり良いとは思えません。
 安物のにおいがする。
 若干チープ。
 LEDインジケーターもなし。
 アクセスランプなどもなし。
 タッチパッドの使い心地もあまり良くないです。

 色については白と赤があるけど、白のほうが人気はあるみたいです。
 白は汚れが目立ちそうなので自分は赤にしました。
 黒系(グレー)があったらそちらを選びました。 

 Inspiron 11 3000のエントリーモデルの性能は、決して高くはないけど、PCで何をするかによると思います。
 ネット閲覧やテキスト編集程度なら、エントリーモデルでも十分です。

 ただ――エントリープラスとの価格差は2万円ぐらい。
 エントリープラスは、CPUの性能2倍、128GBのSSD、メモリ4GBなので、2万円の価値は十分にあります。
 PCをできるだけ快適に使いたいなら、エントリープラスのほうがお勧めです。
 とにかく安く済ませたいなら、エントリーモデルでもいいと思います。
Inspiron 11 3000(エントリーモデル)のベンチマークスコア
 Celeronのエントリーモデルでも、案外とベンチマークの数字はいいです。
 ベンチマークについては別記事にまとめます。
inspiron 11 3000のエントリーモデルとエントリープラスモデルの比較

Inspiron 11 3000の音質

 サウンドについては想像以上に良かったです。
 スピーカーも小さいなりに良い音がします。
 外部スピーカーをつけると音は良くなります。Z120がお勧め。

Inspiron 11 3000(エントリーモデル)の欠点

 Inspiron 11 3000のマイナスポイントというか、難点ですが――
 ひとつ目は、エントリーモデルの場合、メモリや記憶装置(eMMC)がマザーボードに直づけのため、増設や交換は不可となります。
 SSD搭載のエントリープラスモデルは確か、交換はできるはず(未確認)。
 エントリーモデルは、部品を交換して延命を図ることはできません。

 2つ目。
 スペックの低さ。
 重い作業は期待はできないです。
 汎用性が低いともいえます。

Inspiron 11 3000のエントリープラスモデル――

 今のところ、Celeron(N3050)、メモリ2GBのエントリーモデルに満足しているけど、上位機種のエントリープラスのほうが、使い勝手は良さそうです。
 ということで、ひょっとすると……買い換えるかもしれません。
 Dellのサイトはクーポンがあって結構安く買える時があるので、時々確認しようと思います。
 最安は36,000円(税抜き)ぐらいのはず。
 税込みだと39,000円前後でしょうか。

 ということでDellのサイトを眺めていたら、エントリープラスの即納モデルが割引き率13,000円。
 価格は税込みで4万円と少し。

 ……思わず……衝動的に……購入ボタンを……押してしまいました。
 ばかばか。

 エントリーモデルは赤を購入したけど、その赤がどうも失敗したかなと少し後悔してて、さすがに白に買い換えるのはアホらしい。
 だったら上位機種に買い換えてもいいかなと。
 割引き率が高かったのと、即納だったのも地味に大きいです。
 Dellは、通常は注文してから発送まで遅いので(笑)
 即納だと、発送はAmazon並みに早いみたいです。

 あと、エントリーモデルは、新品同様だし、オークションで売ればいいやと思いました(多少は赤字になりそうですが)。 

 エントリープラスモデルが届いてセットアップが終わったらまたレビューします。
dell「inspiron 11 3000(エントリープラス)」 レビュー

コメント

タイトルとURLをコピーしました