映画「テルマエ・ロマエ」感想

 映画版「テルマエ・ロマエ」を視聴しました。
 1と2、両方。
 面白かったです。

 ローマ人が日本にタイムスリップする点は、おかしいといえばおかしいけど、コメディなのであまり気にならないです。
 おぼれる場面はだいたいオペラ歌手が歌っていますが、ちょっと違和感があるかな、という程度。
 整合性とかあまり気にする映画じゃないと思います。

 古代ローマ人が現代の日本の風呂やトイレ、食べ物などを食べてカルチャーショックを受ける場面は、クスリと笑えるし、また優越感をくすぐられる感じがしていいです。

 1も2も基本的な流れは、テルマエ技師が日本にタイムスリップして、便利な風呂やトイレ関係の技術を体験し、ローマに戻って、日本の風呂やトイレをできるだけ再現。
 評判がよくて名声が上がる――というもの。

 原作は未読ですが、アマゾンレビューでは、原作のほうが面白く、映画版はイマイチ(特に後半)だとか。
 確かに後半、恋愛要素が出てきたあたりから勢いが落ちた感じはしました。
 なんというか、一昔前の日本映画っぽいです。

 全体的には良作な日本映画という感じで楽しめました。
 続編も作られるようなので楽しみです。
 阿部寛さんがいいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました