「ベター・コール・ソウル」第7話「ビンゴ」の感想

キム・ウエクスラーのイラスト
「ベター・コール・ソウル」第7話の感想です。

 1話で出てきた横領の夫婦が再度登場。
 ハワードの法律事務所と契約していたけど、条件が合わずに夫婦は弁護士キムを解雇して、ジミーのもとに戻ります。
 けどジミーも匙を投げてしまいます。
 ジミーはマイクに協力してもらい、夫婦を説得します。
 キムのために一肌脱いだ、ということでしょうか。
 ジミーとキムは、今は恋人同士ではないけど、かつてはそうだったようです。
 ジミーはまだ、彼女に対する想いを捨てきれないようです。

 そういえばこの回ではなかったけど、夜中、ジミーの事務所に併設されているエステ(逆。事務所のほうが併設)に、キムを連れ込んで、ペディキュアとかを塗っている場面がありました。
 キムの携帯電話にハワードから電話がかかってきて、チャックが入院したことを知らせて、そのとき「なんとかしてジミーを捕まえるから」みたいに言った場面がありました。
 ジミーは目の前にいるのに、キムはそれを隠しました。

 この回では、ジミーはキムと一緒に事務所の下見に行きます。
 そのとき、ジミーはキムにパートナーとして一緒に事務所を……みたいな話をしますが、キムは断ります。
 ジミーとキムの、2人の微妙な関係も、シーズン1の見所のひとつと思います。
 キムは、ジミーのことを嫌ってはいないです。
 好意を抱いているといってもいいです。
 ジミーは、キムに惚れているのは間違いありません。

 終盤、キムの失敗の尻ぬぐいをするジミーは、心中穏やかではなかったと思います。
 表情には、これが正しいのかどうか分からない、といった感情が読み取れました。
 けど、ジミーにとっては、ああするしかないです。
 もし手を貸さなかったら、キムを失います。
 かといって、手を貸したら、やっぱりキムが離れてしまいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました