自宅の敷地内にトラバサミ設置の話

 広島県福山市のさる港町で、猫がトラバサミに挟まれる被害が頻繁に起こっているそうです。
 トラバサミを設置した男性は「自宅の敷地内の害獣駆除が目的」と話しているそうです。
 憶測も含みますがどうやら猫の糞や、猫の鳴き声に悩まされていたようです。

 トラバサミに挟まれて足を失ったり、怪我をする猫は可哀想ですが……
 猫好きの方には申し訳ないけど、自分はこの男性が一方的に悪いとは思えないです。
 うちも猫を飼ってます。
 オスで、去勢済み。
 猫はどちらかというと好きです。

 去勢していない猫は、発情期になると、ものすごくうるさいです。
 ずっとうるさいです。
 安眠妨害もいいところ。
 猫が可哀想だから、という理由で、トラバサミを設置した男性に非難が集まりそうですが……この男性の立場になって考えるのも必要だと思います。

 夜中に何度も猫の鳴き声で起こされるのは拷問に等しいです。

 自分がこの男性の立場でも、トラバサミを設置したかもしれません。
 仮定の話なので、実際は分かりません。
 猫は好きだけど、うるさいのは腹立たしいです。
 自分の飼い猫ならまだ諦めもつきます。
 飼うという決断をした自分にも責任はありますから。

 猫の為に引っ越しをするのも馬鹿馬鹿しい話です。

 怪我をした猫は可哀想。
 けどこの男性も可哀想。

 猫の立場にたって、男性を非難する人が続出しないか心配です。
 理由もなく動物を虐待する人間もいます。そういうクズとこの男性は違うと思います。

 悪いのは、野良猫にエサをやる人だと思います。
 猫が好きなら飼えばいいのに。

コメント

タイトルとURLをコピーしました