実力があれば成果はついてくるか

 個人事業主になって2年目を迎えました。
 関連エントリーは以下をご覧ください。
自営業になって1年間が過ぎた感想

 人に職業を説明するときは、全部言うと面倒だから、ざっくりと「デジタルコンテンツの制作」と説明しています。

 前置きはこの辺にして、本題に入ります。
 どうやったら起業などで成功できるかについて。
 結論から述べるなら、以下のふたつが重要です。

『高い生産性』
『諦めない精神(継続性)』

 実績を上げることのできる人が優秀だと言われます。
 これは誤解です。

 認知心理学者のダニエル・カーネマンは、その著作「ファスト&スロー」でこう書いています。

多くの人は信じたくないかもしれないが、統計的には「成果が出るかどうかは、実力よりも運の要素が遥かに大きい」


 運の要素については、以下のエントリーをご覧ください。
運が良いとはどういう意味かを考えてみる

 この「運の要素」は相当重要です。
 歳をとってからよく分かりました。
 若い頃は運なんて、大したことないと軽んじていました。
 違います。
 運は最重要です。

 下手な鉄砲も数打ちゃ当たる、という言葉がありますが、案外と的を射ている言葉なのです。
 かといって、とんでもなく低質な仕事ばかりを連発しても駄目だと思います。
 素早く生産し、改善するべき所を洗い出し、常にブラッシュアップを行う。
 そうやって仕事を継続していけば……いずれ何かしらのヒットが発生する――ということです。

 駄目なパターンは、この逆を行けばいいです。
 つまり、生産性が低く、すぐに諦める。

 成功にせよ失敗にせよ、物事は、あとから考えると、自明の理であるように思えたりします。
 これも錯覚のようです。
 関連エントリーは以下をご覧ください。
「○○が成功した理由。○○が失敗した理由」がほとんど当てにならない件

 たとえば、ある商品がヒットしたとする。
 ヒットしたあとに考えると、成功の要因がいくつも出てきます(失敗でも同様ですが)。

 論理的に考えると、資金や時間をかけて、大きなプロジェクトを進めると、揺るぎもない成功が約束されるように思えますが、これも錯覚です。
 1年に1度、商品を発表をするよりも4~5回にわけたほう(クオリティは下がるにしても)がヒットの兆しが見えますよ、ということだと思います。

コメント

  1. 通りすがり より:

    すみません、文章読んでて
    『高い生産性』
    『諦めない精神(継続性)』
    の2つがどう運と絡んでいるのか読み取りづらいです。
    高い生産性で続けていけばいつかはヒットする・・・それは運ではなく確率、期待値論なのではないですか?
    80%の確率でヒットする仕事と40%の確率でヒットする仕事をそれぞれ5回続けて1度もヒットしない確率は、前者が0.03%、後者が7.7%です。
    1回だけならそれぞれ20%、60%なんですよね。
    そういう見せ方のほうが分かりやすいのではないでしょうか。

    私も個人事業主ですが、個人事業主のレベルで成功を求めるのなら
    「人と同じ事をしていたら勝てない」が全てだと思います。
    真似されたらもっと違うことをすればよいだけです。
    オリジナリティーが大事です。

タイトルとURLをコピーしました