パソコン用スピーカーを考える

JBLのCAS33

パソコン用のスピーカー色々

 パソコンは自作しているので、スピーカーも自分で選ぶ必要があり、色々といままで使ってきました。
 オーディオマニアの人からみらた失笑レベルでしょうし、特にこだわりはありませんので、初心者向けのパソコン用のスピーカー選びと考えていただいても結構です。

 使ったことのあるメーカーをざっとですが、以下に記します。
JBL ジェービーエル
BOSE ボーズ
ONKYO オンキヨー
logicool ロジクール
creativemedia クリエイティブメディア
※順不同

いま使っているのはロジクールのZ120

 結論からいうといま使っているスピーカーは、ロジクールのZ120BWです。
 価格は1500円ほど。
 コストパフォーマンスは抜群です。
 1万円クラスのスピーカーと同等の聞こえ方がします。
 人によって感じ方は様々なので、あくまで個人的には、ということです。
 あまり音にこだわりがなければ、ロジクールのZ120BWを使っておけば問題ありません。

 各メーカーのスピーカーのレビューを書いてみたいと思います。
 あくまで個人的主観です。
 JBLから。
 製品名はCAS-33。
 調べてみましたが、販売終了のようです。
 価格は3万円ほど。
 価格相応の音と思います。
 1500円のZ120と比べると、CAS-33のほうがあらゆる点で勝っています。
 けど、価格はおよそ20倍ですが、性能は……1.7倍……頑張っても2倍……ぐらい。
 ま、なにをもって性能とするか、という部分は難しいけど、とにかく20倍の差はありません。
 JBLは玄人向けというか、コンサートやスタジオの音響でよく使われていますから、音は間違いないとは思います。
 そういう意味では価格もそんなに高くないし、音楽好きなら、選んでもいいかと。

 これが気になっていて、つぎに買おうと考えています。
 価格は5000円ぐらい。
 この製品、レビューの評価も高いです。
追記(2015/01/05)
 PEBBLES(ペブルス)、買いました。
 感想については、以下のエントリーをご覧ください。
PCスピーカ「JBL PEBBLES」を購入する。ロジクールのZ120との比較など
オンキヨーのスピーカー
 ▲続いて、オンキヨー。
 オンキヨーが好きな人は申し訳ないけど自分には合いませんでした。
 悪くはないけど、良い部分が分からなかった……
 ちなみにサウンドカードはcreativeのサウンドブラスターシリーズをつかっています。
 オンキヨーのサウンドカードを使ったこともあるんですが、スピーカーと同じでいまいち良さが分からず……。

 とはいっても、オンキヨーはGX-77Mしか使ったことがないので実はよく分からないです。
 たまたま合わなかったのかもしれないし。
クリエイティブメディアの6チャンネルスピーカー
 ▲クリエイティブメディアは、サウンドカードも同メーカーのものをつかっていますから、長らく使用していました。
 かつては5.1チャンネルのスピーカーを使っていまして、名前は忘れましたが、価格は当時3万円ぐらいした記憶があります。

 ずいぶんと安くなりました。
 デザインもスタイリッシュ。


 自分が使っていたのはGigaWorks T20の初代です。
 価格は1万円程度。
 性能は価格以上でした。
 1500円のZ120と同程度、と言ってしまうと身も蓋もないですが。

 最後はBOSEのパソコン用スピーカーです。
 BOSE、好きでした。
 音もいいし、ブランド的なものもあるし。
 高級志向のようでいて、その実、庶民にも手が出せるような価格帯(パソコン用スピーカーは)。
 特徴としては、低音が効いています。
BOSEのcompanion3

 ▲Companion3の初代です。
 価格は2万円後半だったと思います。
 個体差かもしれませんが、ノイズが若干ありました。
 音楽を聴いているときは気になりませんが、音が消えるとジーとかすかに聞こえていました。
BOSEのcompanion5

 Companion3の良さに感銘を受けたので、ちょっと高級なタイプを購入しました。
 Companion5です。
 接続がUSBで、サウンドカード経由ではなかったので、音質が、悪くはないけど、価格が5万円ほどしますから、それを考えると微妙かなと。
 作りはしっかりしているし、高級感もあります。
BOSEのM2かM3

 Companion5の前だったかあとだったかは忘れましたが、M3を使っていた時期もあります。
 リンク先はM2ですが、画像はM3です。
 M2はM3の廉価版的な位置づけのようです。
 性能的には、それほど大きな差はないと思います。
 聞き比べたことはないから分からないですが。

 ところでM3、価格は5万円です。
 作りは高級感あるし、音は、コンパクトな割にはとてもいいです。
 ここが重要で、コンパクトな割には音がいい、というのがM3(もしくはM2)の立ち位置かと思います。
 音楽が好きで、お金があって、高級志向なら、M3(もしくはM2)を選んでもいいのかな、という気はしますが、コストパフォーマンスを考えると1500円のZ120が、少なくとも自分にとっては最適な選択でした。

コメント

  1. 糞耳 より:

    ひょっとして糞耳?

  2. kawa より:

    JBL CAS-33で辿り着きました。

    低域過大、以下リンクの処置をして愛用に至りました。

    音源レベル設定がYouTubeの様に可変の場合は100%に設定し下流側CSA-33 で出音調整すると生きた良い音色が得られます。

    JBL CSA-33 低域過大対策
    https://ameblo.jp/amb-0175/entry-12679552976.html

タイトルとURLをコピーしました