久しぶりに作ってみる「適当なビビンバ」

 ビビンバの過去記事を見ていたら食べたくなったのでまた作りました。

 材料は以下を使用。
ごはん、豚バラ、もやし、レタス、錦糸卵、キムチ、はりはり漬け、のり、白ごま。

 タレは以下のものを使用。
豆板醤、砂糖、醤油、水、塩、うまみ調味料、チューブ生姜、チューブニンニク。
適当につくったビビンバ
 作り方は、フライパンにごま油をひいて、ご飯をのせて加熱し、その上に材料を並べてタレを回しかけただけ。
 材料を準備するのがちょっと面倒ではあるけど調理自体は簡単です。

 前回は温泉卵を使用しましたが、半生の卵は食べたくなかったので錦糸卵にしました。

 前回のビビンバはおいしさの期待値100ぐらいで実際は80でした。
 今回は2年ぶりに作るし、材料は前回と同じく適当なので、やっぱり80ぐらいかなと思っていたところ……
 予想していたよりも美味しかったです。
 数値にするなら120ぐらい。

 もう少し火を入れて、お米が焦げていれば最高でした。
 たぶん、タレのブレンド具合が良かったのかなと思います。
 気をつけたのは、砂糖を若干多めにすることぐらい。砂糖が少ないと美味しくないです。

 今回は「はりはり漬け」の刻んだものを入れましたが、たくあん系の漬け物は入れた方がいいです。
 漬け物の入ってないビビンバは美味しくないです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました