パソコンの動作が重いのでWindowsアップデートを実行したところ

 半月ぐらい前から、どうもパソコンの動作が重く感じられるようになりました。
 起動するのもちょっと時間がかかります。
 起動まで、いったいどれぐらいの時間がかかっているのか測ってみたところ……電源投入からブラウザが立ち上がるまでおよそ4分!
 15年ぐらい前のパソコンみたいに遅いです。

 起動後の動作も、少しひっかかりを感じるというか、プチフリみたいな現象というか、たとえば文字の予測変換も若干遅延しているようです。

 CPUはCore i3 8100、メモリは8GBで、そんなに低スペックというわけではないです。
 ストレージはSSDを使用しています。

 以前、OSの再インストールをした直後に起動までの時間を計ったことがあって、電源投入からブラウザ起動まで30秒ぐらいでした。まあそんなものです。

 OSの起動を早くする方法については、いろいろと指南しているページもあるので、そちらをご参照ください。

 今回のパソコンが重い、起動が遅い原因はソフトウェアにあると思うので、確実なのはOSの再インストールでしょうけど、時間がかかるので、できれば避けたいところです。
 ということで、Windowsアップデートを試してみました。
 Windowsアップデートは、設定により変わりますが、自動で行われるので、ほとんど触ったことはありません。
「最新です」という状態ならもう諦めてOSの再インストールでもしようと考えていたところ、Windowsアップデートが始まって、数十分かかりましたが更新が終了しました。

 あまり期待してなかったけど…動作が改善しました。
 起動も4分かかっていたのが40秒ぐらいに短縮。
 快適です。

 もしパソコンの動作が重い、起動が遅いなら、手動でWindowsアップデートを行うと改善されるかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました