映画「ミッドウェイ」感想

ミッドウェイ
 映画「ミッドウェイ」を視聴しました。
 戦闘シーンは迫力があって見応えがあります。

 日本人俳優としては豊川悦治さんや國村隼さん、浅野忠信さんが出演しているけど、そちら側の視点はほぼないです。
 昔なら、日本人俳優が訳のわからない中華系俳優になったりしていたことを考えるとちゃんとした日本の俳優を起用している点では進歩だとは思いますが。
 ……主人公には魅力を感じることができなかったです。

 日本軍が悪く描かれすぎなのは気になりました。
 敵と味方という構図に当てはめる必要があるからなのか、それとも中国資本の関係か。
 当然、日本軍が正義の軍隊だったとは考えてないです。
 軍隊なので、それなりにあくどいこともやったはず。それはアメリカ軍も同じです。
 子供の頃は、アメリカ軍は正義の軍隊で、たとえば捕虜の虐待なんて絶対にしないんだと考えていたこともありますがそれは錯誤です。

 尺が長いのは気になりました。
 ミッドウェイに至るまでの過程を長々と描写しているので、仕方はないのかもしれないけど、もう少し、ミッドウェイ海戦のみに焦点をあてたほうがすっきりしたかなと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました