漫画「アイアムアヒーロー」感想

「アイアムアヒーロー」の原作コミックを最後まで読みました。
 話の内容ですが日本版「ウォーキング・デッド」――といってもいいかと。
 ゾンビもの。

「アイアムアヒーロー」の最終刊はAmazonのレビューだと、さんざんな言われようですが……

 伏線の回収はしてないし、物語がすっきりと終わっているわけでもないし……酷評のレビューも分かります。
 自分はどう思ったか? 端的に表すと「ひどい終わり方(笑)」
 夢オチではないようですが、あれなら夢オチのほうがマシというレベル。
 けど「読んで損した」とまでは行きませんでした。
 まあ、ありといえばありです。

 海外ドラマ「Lost」の終わりのグダグダ感を彷彿とさせるところはありました。
 話は似てないけど。

 結末は夢オチにすれば良かったのに。
 そうすれば伏線なんてほったらかしでいいです。

 鈴木英雄は重度の妄想癖があるので整合性もとれるはず。
 気がつくと日常に戻って、うだつが上がらない日々がただ過ぎていく――というのもなかなか味があっていいと思います。
 徹子は中田コロリに奪われて、漫画でも芽が出ず、友達は妄想の矢島だけ、みたいな。

 途中、色々と寄り道が多かったです。
 全22巻だけど、事実上はその半分ぐらいと思います。
 本質的には濃いのに、巻数が多いから濃度が薄まっている印象。

コメント

タイトルとURLをコピーしました