意識のアップデートは必要なんだなと思った話

 ある日の昼、ディスカウントストアに行きました。
 飲料コーナーのところに、爺さんがいました。
 缶飲料を眺めています。
 そして近くにいた店員さんに「これを箱でください」と伝えていました。
 爺さんが購入しようとしていたのは、昭和からタイムスリップしてきたみたいな缶入りオレンジジュースでした。

 なぜ箱で買ったのかは分かりませんが、たぶん何かの集まりでもあるのかもしれません。
 箱で買うのはどうでもいいけど、なぜそんな古めかしい昭和然としたジュースを選んだのか疑問です。

 そして省みました。
 自分がもし缶飲料を箱で買ってこいといわれたらどうするか。
 やっぱり自分の知っているブランド、知っている味の缶飲料を買うだろうなと思います。
 ということで爺さんは、あのオレンジジュースを選んだのかなと。

 若い頃、毎日のように缶コーヒーを飲んでいましたが、好きだったのはジョージア テイスティです。

 久しぶりにジョージア テイスティを飲んでみました。
 正直、あまり美味しいとは思えませんでした(不味くはないけど…)。
 缶コーヒーというのは、コーヒーを缶詰にしたもの、と考えると、非常食的な分類になるかもしれません。
 たとえば、何もない山や森の中であれば、こんな缶コーヒーでも美味しいと思えるかもしれません。

 いまはコーヒーは、コンビニコーヒーなどもあって、選択肢は色々とありますから、全体的にコーヒーのおいしさや、消費者の意識も上がっているのだろうと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました