職業訓練の評価シートをもらう

専門学校のiMAC
 求職者支援訓練で専門学校に半年間通いました。
 学校の修了前に、学校側のカウンセラーと、就職に向けての面談(キャリコン)があります。
 そこで学校での成績を記した評価シートをもらいました。
 項目は70ほどあります。
 評価はABCで、Aが、到達水準を充分に上回った。
 Bが到達水準に達した。
 Cが、到達水準に達しなかった。

 評価については、試験結果に基づくようです。
 テストは半年の間に、月に1~2回ぐらいの頻度でありました。
 オールAでした!
 ……と言いたいところですが、2つだけBがありました。ほかは全てA。
 Cは0。
 まあ良かったと思います。
 成績がいい人は、オールAになると思います。
 ちなみにBだったのは、以下の2つの項目です。

・インターネットの概念やサービス、セキリュティについて知っている。
・自社のマーケティング政策やマーケティングの基本的概念を知っている。

 長いようで短い半年間でした。
 どこが良かった悪かった、というのは、比べることができないから分かりません。
 何度も職業訓練に参加しているわけでもないし、専門学校自体初めてだったので。

 専門学校は、広告デザイン系でした。
 学校で学ぶ前は、チラシとかポスターなどを見て、なんとなく良い、なんとなく悪い。
 または、これは素人っぽい。
 ぐらいしか分かりませんでしたが、勉強したあとは「なんとなく」の部分がはっきりと分かるようになりました。
 とは言っても、広告デザインは、答があるようで、なかったりすることも多いです。
 こじつけでもなんでも、とにかく理由を挙げることができるようになったのは、それだけ知識がついたという意味なのかもしれません。

 専門学校を終了しての感想は以下をご覧ください。
6ヶ月間の求職者支援訓練が修了

コメント

タイトルとURLをコピーしました