本日の賄い9食目「漁師チャーハン」

まかない漁師チャーハン

今日のまかないは炒飯

 今回の料理は、チャーハンではなく焼き飯というべきかもしれません。
 チャーハンは中国大陸由来で、焼き飯は日本古来(関西らしい)。

何が違う? 炒飯とピラフ

 ピラフとの違いは簡単です。
 ピラフは、油の入った炊き込みご飯です。
 ピラフは、最初から作るのはちょっと面倒で、時間もかかりますが、炊きあがったご飯に、洋風スープとバター、及びえび、グリーンピースなどを混ぜて、皿に盛りラップをかけ、レンジアップすれば、ピラフもどきになります。

 話は戻って漁師焼き飯ですが、簡単に作り方を紹介します。
まかないの漁師チャーハン
 材料は、
ご飯(水分は少な目が好ましい)
刺身の切れ端
万能ネギ

 調味料は、
バター
塩だれ
ごま油

 作り方は、陶板にアルミホイルを敷きます。アルミホイルの上にごま油を垂らします。
 火を付けて陶板を熱します。
 ご飯を投入します。スプーンでほぐします。
 刺身の切れ端を入れます。
 火が通ったら、塩だれを回しかけ、スプーンで混ぜます。
 仕上げに、バターを絡ませ、万能ネギを振り掛けたら完成です。

 今回は入れませんでしたが、イカの塩辛などを入れても美味しいです。
 ちょっと豪華ですが、イクラなんかを散らすと更に見映えは良くなります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました