「のり弁当」はどちらがおいしい?「ほっともっと」と「ほっかほっか亭」

「のり弁当」が好きでよく食べますが「ほっともっと」と「ほっかほっか亭」の「のり弁」はどちらがおいしいか?
 好みもあるので、分かれると思いますが自分は「ほっともっと」の「のり弁」が好きです。
ほっともっとの「のり弁当」
 ▲「ほっともっと」の「のり弁当」
 ソースの小袋がつきます。
 ご飯の上にはおかかと昆布。
 白身フライ、ちくわ揚げ、きんぴらゴボウ、はりはり漬け。 
 価格は税込み300円。
ほっかほっか亭の「のり弁当」
 ▲こちらはほっかほっか亭の「のり弁当」
 タルタルソースがつきます。
 ご飯の上には花カツオと醤油。
 白身フライ、ちくわ揚げ、きんぴらごぼう、柴漬け。
 価格は税込340円。

 こうして比べてみると「ほっともっと」の「のり弁当」のほうが甘いです。
 昆布とはりはり漬けは甘辛い系なので。
 ということは、甘いからおいしいと錯覚しているのかもしれません。

「ほっともっと」と「ほっかほっか亭」は、元々は同じお弁当屋さんだったのは有名な話です(元々は「ほっかほっか亭」)。
 自分は分裂前の「ほっかほっか亭」でアルバイトをしたことがあります。
 その経験からいうと、元々の「ほっかほっか亭」の流れをくむのは「ほっともっと」のほうだと思います(九州地方なのも関係しているかもしれません)。

「のり弁当」はつくるの簡単なので自作することも十分に可能です。
自作のり弁当
ほっともっとの「のり弁」をお家で再現してみる

コメント

タイトルとURLをコピーしました