ツイッターについて

 SNSに関しては以前も書きました。
SNSは性に合わないことに気づく

 ツイッターは幾つかアカウントを持っていますが、積極的には使っていません。
 ツイッターを積極的に使わない最大の理由は「人を不快にさせる可能性がある」から。
 基本的にはブログも同じですが、ツイッターはブログでは、読者との距離感が違います。ブログよりも近いと感じます。

 KDPで自己出版しています。
 告知用のアカウントを持っていて、著者をフォローしています。
 フォロワーも同じような層です。
 新刊がでたらリツイートとかしますが、持ちつ持たれつというか、自分もしてもらうことはあります。
 まあ有り難いことです。

 以前、とあるKDPの著者のブログの記事をリツイートしました。
 自分だけじゃなくて、ほかのも何人かリツイートしました。
 リツイートされた著者がお礼を言いました。
 〇〇さん、〇〇さん、ありがとうございます! みたいな感じで。
 自分は無視されました。
 あ、これは意図的にやってるなと感じました。
 その著者の作品は結構読んでいたけど、自分はもう読む気はなくなりました。

 そのとき思いました。
 逆に、自分がこの著者のようなことを、人知れずやるかもしれない。
 つまり、こういったリツイート云々で、人を不快にさせる可能性もある。
 読者を失うことも十分にあり得る。
 これは、生半可な気持ちでは取りかかるべきではない。
 かといって、繋がりのある人、全ての立場にたってものを考えつつツイートするなんてめんどくさすぎる。
 じゃあ、あまり触らずに行こう――

 まあ、どうでもいい話です。
 最大は、性に合うかどうかの問題です。
 自分は、ブログのほうがいいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました