貴志祐介著「悪の教典」

悪の教典のイラスト

 貴志祐介さんの『悪の教典』を読みました。
 面白かった!
 貴志祐介ファンなら、オススメ……かな? 人が死にまくりなので人を選ぶ部分はありますが。

 ストーリーは――生徒に人気のある高校教師は、実はシリアルキラー(連続殺人鬼)。
 彼は学園の中に自分の王国を作ろうとする。
 しかし、1つのほころびがやがて大きくなり、取り返しの付かない事態へと発展する。
 彼は、自らの悪行を隠蔽するため、大量殺人を計画する――

 Amazonのレビューなどでも指摘されてますが、不整合というか、筋運びに、現実離れしたところが色々とあります。
 粗探しが目的ではないので、その点は割愛します。
 自分はそういうところを含めても『悪の教典』は一級のエンターテイメント小説だと思います。

 面白かったから、マンガ版も読みました。全部じゃないけど。
 Kindle版は、1巻は無料です。※価格についてはリンク先で確認してください。無料期間が終了している可能性があります。

 映画もレンタルで観ました。
 マンガ版のほうが好みでした。
 映画は、エンディング曲が云々ではなく、原作を端折り過ぎだと思います。
 映画の時間枠の関係でそうなったのかもしれないけど。
 あくまで原作を読んだ人向けと感じました。
 予備知識なしで映画を観たら、退屈に感じるかもしれません。
 エッセンスは詰め込んであるとは思います。

 それに比べてマンガ版は、かなり原作に忠実です。
 多少、時系列が前後する場面はありますが、大筋はほぼ同じです。

 映画版での一番の不満は、釣井先生のエピソードがばっさりとカットされていたことです。
 蓮実と並ぶほどの怪物……とは言い過ぎだけど、怪物であるのは間違いないので。

 久しぶりに、何度も読み返したくなる小説でした。
『悪の教典』は、貴志祐介ファンで、人が死にまくることに抵抗がないならオススメです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました