「ゲームオブスローンズ」シーズン8の感想

「ゲームオブスローンズ」シーズン8
※ネタバレあります。

「ゲームオブスローンズ」のシーズン8を視聴しました。
 全6回。

 シーズン8の出来について酷評を聞きますが、そこまでひどい終わり方ではない、妥当な終わり方だと感じました。
 シーズン1~3の出来が良すぎるせいで、シーズン4以降が精彩を欠いているように見えるだけなのかもしれません。
 シーズン8は一般的な海外ドラマの水準からすれば、十分に平均点は超えていると思います。

 結末を端的に書くなら、デナーリスとサーセイの戦いは、デナーリスの勝ち。
 七王国の本当の継承者はジョン・スノウ。
 そのジョンがデナーリスを刺殺。
 結局、王は話し合いで決めようということに。
 この点は疑問です。
 話し合いが可能なら、最初から話し合いをすればいいのでは、と思いました。
 今までの争いはなんだったんだとも思います。

 王としてブランが選ばれるのは良いとして(特殊な能力があることだし)、スターク家のサンサは「北部は独立する」という。
 なので七王国は六王国になります。
 スターク家が独立するなら、ほかの国も独立するのではと思います。
 そこに一悶着が起きないのがおかしい。

 あとは、話の流れが性急すぎるのは間違いないです。
 6話で終わるのではなく、10話ぐらいがちょうど良かったかなと。
 話を端折りすぎて、よく分からないところが色々とありました。

 結論。
 シーズン8は言われているほど悪くはないが、見終わっても満足感はそれほど高くない。妥当な終わり方

 関連は以下をご覧ください。
海外ドラマ「ゲームオブスローンズ」シーズン3の感想
海外ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」シーズン2の感想
「ゲーム・オブ・スローンズ」S1の最終回「炎と血」の感想

コメント

タイトルとURLをコピーしました