職業訓練の専門学校の感想|その2

専門学校のiMAC
 前回のエントリーは以下を参照ください。
職業訓練の専門学校の感想|その1

 2014年の後半から求職者支援訓練の制度を利用して専門学校に通っています。
 デザイン系です。
 卒業は来春あたりで、期間は半年間です。

 ほかの専門学校のことが分からないから、比べたりはできませんが、授業の内容とか、学校生活は、決して悪くはないと思います。
 ネットで評判を検索したりすると、かなり悪評が目立ってて、最初は大丈夫かな……と不安でしたが、思ったよりも良かったです。
 まあ、そこら辺のことは実はよく分からないです。
 デザイン系の専門学校ですが、期間が半年なので、ちゃんとしたデザインの専門学校だったら3年間前後は学ぶわけで、それに比べたらどうしても劣ると思います。

 フォトショップはまだ怪しい部分はありますが、illustratorはだいたい使えるようになりました。

 15年以上調理師として働いていたから、学校で学ぶ体験は新鮮です。
 もう2度とこんな経験はないと思います。
 それを考えると、1日が過ぎていくのが惜しいぐらいです。
 半年は短すぎ。
 1年ぐらい通いたいです。

 今は毎日が楽しいし、充実してるけど、通学に往復2時間ほどかかっているので、それがもったいないです。徒歩圏内の人がうらやましい。

 卒業後、デザイン系の会社に就職できるかどうかですが、それは運次第だと思います。
 ネットの評判を見る限りは、就職率は散々たるものらしいです。
 求職者支援訓練の専門学校のスキルが低い云々ありましたが、自分は学ぶ人次第なのでは、と思います。
 生徒のレベルは、低いとは思いません。
 ネット上では、求職者支援訓練に参加する受講生はなんらかの事情で仕事を辞めた人間ばかりだから、一癖も二癖もあってレベルが低い云々と書かれていましたが、それは偏見です。
 他の受講生のことは分かりませんが、自分は会社都合の退職です。それに、見た限りはそんな変な人もいません(笑)

 ほとんどの人は、自らデザインという分野を選択して学校に通っているはずなので、志は高いと思います。
 それが就職に結びつくかどうかは別の話なのでしょうけど。

コメント

タイトルとURLをコピーしました