放送大学、2015年1学期のWeb通信指導の結果

放送大学のWeb通信指導

 放送大学のWeb通信指導の結果についてです。
 放送大学の通信指導は、中間テストみたいなものです。
 提出は郵送か、インターネットでも可能です。
 自分は、入学して2回目のWeb通信指導でしたが、ネットを利用して提出しました。

通信指導の出題範囲

 Web通信指導題は、各科目の1章から8章までの間から出題されます。
 全体から見ればおよそ半分ということになります。

 ちなみにWeb通信指導を提出しないと、単位認定試験を受けることができません。
 単位認定試験は60点以上が合格ラインですが、Web通信指導については、提出すればとりあえずはOK(合格基準は不明)のようです。

 2015年1学期は、4科目選択しました。
「日本文学概論(’12)」
「日本の物語文学(’13)」
「文化人類学(’14)」
「社会学入門(’10)」

 2015年1学期のWeb通信指導の結果は以下の通りです。

「日本文学概論(’12)」
 通信指導の結果は80点。
 日本における和歌とか文学などの大まかな解説がメインです。
 1章から8章までは、だいたい平安(古今和歌集、土佐日記など)ぐらいから、中世(おくのほそ道など)あたりまでの範囲です。

「日本の物語文学(’13)」
 通信指導の結果は80点。

 日本文学概論と似ていますが、物語に特化した、という感じでしょうか。
 竹取物語、伊勢物語、源氏物語などの解説や、物語の話型などについて。
 如意宝という考え方や、一般的な物語というものの流れが説明してあって興味深い内容でした。
 日本文学概論よりは面白いです。

「文化人類学(’14)」
 通信指導の結果80点。
 テキストは面白いのもあり、そうでないのもあり。
 講義は、テキストよりは面白い内容です。
 映像というか、ロケ映像が多め。
 通信指導に関しては、思ったほど難易度は高くありませんでした。

「社会学入門(’10)」
 ……かんたんなはずなのに、テストの結果は20点。
 勉強はしたけど、ずいぶん前に終わらせていたということもあって、忘れてしまったのかもしれません。
 ちょっと舐めてかかり過ぎかもしれません。
 社会学入門は易しいと評判の科目ですから、これを落とすわけにはいかないので、しっかり勉強します。

コメント

  1. 特命 より:

    こんにちは。

    テレビ科目の場合はテレビ画面に書かれていることを全てノートに書き写してからノートを見ながら印刷教材や過去問を解く、ラジオ科目の場合は印刷教材を見ながらノートを作り、過去問を解くという形がいいかなと思います

  2. yamabekaname より:

    こんにちは。
    コメントありがとうございます。
    お恥ずかしい限りです。
    頑張ります。

タイトルとURLをコピーしました