パソコンスピーカーをコスパで選ぶならZ120がベストな選択肢のひとつ

ロジクールのZ120
 パソコン用のスピーカーをこれまで色々と使ってきました。
 500円程度のしょぼいスピーカーから、5万円を超えるようなスピーカーまで。
 パソコンスピーカーについては以下のエントリーをご覧ください。
パソコン用スピーカーを考える
BOSEのパソコン用スピーカー

 かつてはスピーカーをとっかえひっかえしましたが、いまはロジクールのZ120に落ち着きました。
 一時期、JBLのペブルスに浮気をしましたが、ペブルスは自分の環境ではノイズが入りました。
 スピーカーの性能自体は、ペブルスのほうが上回っていると思います。
 形もペプルスのほうが高級感があります。

Z120は安くて高性能なスピーカー

 ロジクールのZ120は、値段の割には良い音が鳴るスピーカーだと思います。

 Z120は玩具みたいな外観ですが、音を鳴らすとびっくり。
 音に限れば、Z120は1万円クラスと同等だと思います。
 とはいっても、1万円クラスのスピーカーの最上のものと比べると……Z120は劣ると思います。
 しかし、そこら辺の1万円程度のスピーカーならZ120がもしかすると上回っているかもしれません。
 さすがに3万円を超えるスピーカーとZ120を比べると、Z120があらゆる面で負けると思います。
 けど、Z120は1500円ですから、3万円のスピーカーの20分の1なわけです。
 性能に20倍の差があるかというと……決してそこまでの差はありません。
 コストパフォーマンスを考えると、Z120を超えるスピーカーは思いつきません。

値段と性能は比例しないのがパソコンスピーカー

 あくまで主観ですが、スピーカーの性能は、ある程度までは、値段に比例すると思いますが、1万円を超えると気持ちの問題のほうが大きくなるかもしれません。
 ただ、そのスピーカーで何を聴くか? という問題もあるし、1万円のスピーカーだから音が駄目だ、3万円のスピーカーのほうが音が良い、とは限らないのが難しいところです。
 それぞれ得手不得手があります。

新しいスピーカーを買うと……

 色々とスピーカーを使ってきた経験上、新しいスピーカーを買うと、そのスピーカーの鳴らす音に注目します。
 普段、スピーカーの音なんてそれほど気にしませんが、たとえば、3万円を出して買ったスピーカーには、やっぱり値段分の思い入れが籠もっているわけで、それまで使っていた1万円のスピーカーよりも良い音のはずだ、と思いたい。だから知らず知らずのうちに補正をかけてしまうこともあり得ます。

 3倍の性能差があるのか? と考えるとまずありません。
 ま、1万円のスピーカーは、通常、高音が駄目だったり低音が駄目だったりと、何かしらマイナスポイントがある場合が多いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました