「ドキュメンタル」シーズン0の感想

 ドキュメンタルの関連作品「Documentary of Documental」を視聴しました。
 1話は、参加した芸人、そして松本人志のロングインタビューが収録。
 2話目は、ドキュメンタルのパイロット版(シーズン0)が視聴できます。
 このパイロット版が面白かったです。
 尻すぼみというか、どんどん面白みがなくなっていくのはやはりそこはパイロット版という感じではありましたが。
 ドキュメンタルシーズン0の参加タレントは以下の通り。
・秋山竜次(ロバート)
・ハチミツ二郎(東京ダイナマイト)
・内間政成(スリムクラブ)
・大島美幸(森三中)
・斉藤司(トレンディエンジェル)
・こいで(シャンプーハット)
・大溝清人(バッドボーイズ)
・久保田和靖(とろサーモン)
・おにぎり(ニューロマンス)
・板東英二

 見所は……板東英二さんです。
 1人だけ芸人ではないし、年齢も高いので、前半は自然と板東英二が中心になっていきます。
 板東英二が笑って退場したあとは……うーん、つまらなさが増したように思います。板東英二さんが面白いというわけではないですが……。明らかに流れは変わりました。
 後半はグダグダ。
 時間が無制限なのも関係していると思います。
 シーズン1以降は時間制限を設けたのは正解です。

 ただ、シーズン1や2、3への繋がる部分はこのシーズン0のパイロット版でも確認することが出来て、そういう意味では面白かったです。
 なんにせよ、エンタメ作品は試行錯誤が必要なんだなと思いました。

 セットが所々チープなのもパイロット版ぽいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました