映画「新仁義なき戦い 組長の首」(1975)


「新仁義なき戦い 組長の首」を視聴しました。

 1975年制作だから、40年以上前の作品です。
 舞台が九州で、九州弁がバンバン飛び交います。

 いったん話は変わります。
 この前「孤独のグルメスペシャル」を視聴しましたが、舞台は博多でした。

 基本的に孤独のグルメって作品は好きだけど、このスペシャルの博多のお店は、えらく作為的なものを感じました。
 ドラマ的な雰囲気が強くてあまり楽しめませんでした。
 孤独のグルメに出てくるお店って、いつもこんな感じではあります。
 愛想が良い。良すぎて気持ち悪い。

 加えて、作中に出てくる博多弁が芝居じみていて好きになれませんでした。
 博多弁なのは間違いないけど、所々に演技臭というか、違和感を覚えました。

 で、話を「新仁義なき戦い 組長の首」に戻しますが舞台は北九州で、作中の人物はもれなく九州弁で話します。
 演技臭がひどいんだろうなと思っていたところ……全くそういうことを感じませんでした。
 自然です。

 この差はなんなんだ?
 ドラマと映画の違いか? それとも役者の格の違いなのか。または監督の差なのか。
 全部が違うのかもしれません。

 古い映画なので、台詞が聞き取れないこともあるし、話の展開は強引なところは多々ありますが、それらを差し引いても、とても40年以上前の作品とは思えませんでした。
 これは格の違いなのかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました