東野圭吾著「容疑者Xの献身」


 今更ながら「容疑者Xの献身」を読みました。
 本格推理なのかどうかは少し引っかかるところがあります。
 かといって、人間ドラマかというと、そういう側面もあるけど、トリックに比重を置きすぎて、純粋に楽しめない部分があったりしました。

 純粋に楽しめない部分については、まずひとつはヒロイン役に、魅力を感じませんでした。
 そのヒロインに懸想する工藤という人物も、人間味がないように思えました。
 なぜ石神が花岡を助けたのかの理由として、自殺しようとしていて、母娘に救われたとありましたが、現実味がないと感じます。

 自分の計画のために、見ず知らずのホームレスを殺したのも大きな汚点です。
 このホームレスも工藤と同じで(いや工藤より更に)人間味は感じません。パズルのピースのような扱いです。
 ヒロインに魅力があればまた違った感想を抱いたかもしれません。

 色々とミスリード(実は石神はストーカー?)もあったりして、最後はどんでん返しがあり、また、石神の思い通りにはいなかったし、けどあの結末は、あれはあれで幸せなのかもしれません。
 石神の計画通りになっていたとしたら、最低のヒロインだったという意味にもなりかねませんから。

 随所に挿入される数学の蘊蓄は面白かったです。

追記
 映画版の「容疑者Xの献身」がネットフリックスで配信されていたので視聴しました。
 湯川先生は福山雅治さんで石神は堤真一さん。
 ストーリーはほぼ原作通りでした。

 自分は演技や映画について詳しくないけど……福山雅治さんって、演技が上手だと感じました。
 プロの俳優より上手だと思います。
 これは監督のせいかのかもしれません。
 時々、映画を見てて(この演技は大げさだ)(鼻につく)と思ったりするけど、福山雅治さんの演技は、そういうところがありません。
 気障といえば気障なんだけど、ギリギリのところで抑えているというか。

 湯川先生がハマり役だった、というのもあるかもしれません。
 あと、本業はミュージシャンで俳優ではない、というフィルターで補正している可能性もありますけど。

 堤真一さんについては、もう何もいうことはありません。
 素晴らしい。

 原作と同じで、ヒロインには魅力が感じられなかったです。
 松雪泰子さんが悪いわけではないですが。

コメント

タイトルとURLをコピーしました