読書感想(コミック含む)

スポンサーリンク
読書感想(コミック含む)

きうちかずひろ著「ビーバップハイスクール」

 ネットカフェに行って、何気なくビーバップハイスクールを読み始めたら止まりませんでした。  不良高校生の青春を描いた漫画です。  映画版も製作されています。  ビーバップハイスクールという漫画は喧嘩や女性の話題が多くて、俯瞰視点で...
読書感想(コミック含む)

漫画「ベルセルク」37巻の感想――「遠い日の春花」が良かった

 ベルセルクの37巻を読みました。  回想場面の「遠い日の春花」は、久々に読み応えのある小ストーリーでした。  けど、少し唐突という気もしました。  あの話は伏線に違いないと言う人もいますが、確かにそうかもしれません。  続...
読書感想(コミック含む)

「夢をかなえるゾウ3」と「いなり寿司」

「夢をかなえるゾウ3」を読みました。  面白かった。  お笑いの部分に、益々磨きがかかっている……気がしました。 「夢をかなえるゾウ」は1も面白かったけど、どこかぎくしゃくした固い部分がありました。  自己啓発本っぽいです。 ...
読書感想(コミック含む)

貴志祐介著「悪の教典」

 貴志祐介さんの『悪の教典』を読みました。  面白かった!  貴志祐介ファンなら、オススメです。人が死にまくりなので人を選ぶ部分はありますが。  ストーリーは――生徒に人気のある高校教師は、実はシリアルキラー(連続殺人鬼)...
読書感想(コミック含む)

東野圭吾著「容疑者Xの献身」

「容疑者Xの献身」を読みました。  本格推理なのかどうかは少し引っかかるところがあります。  かといって、人間ドラマかというと、そういう側面もあるけど、トリックに比重を置きすぎて、純粋に楽しめない部分があったりしました。  純...
読書感想(コミック含む)

漫画「風の谷のナウシカ」の感想。ナウシカの裏設定がすごい!

 アニメのジブリ作品はどうも好きになれなくて、どこか胡散臭く感じるというか、一周半回った結果というか。  子どもの頃は好きでした。 「風の谷のナウシカ」とか「天空の城ラピュタ」とか。 「もののけ姫」あたりで(なんか違う……)と思うよう...
読書感想(コミック含む)

無職が『34歳無職さん』を読んだ感想

『34歳無職さん』という漫画は、以前まとめサイトかどこかでちらっと読んだ記憶があって存在は知っていました。  先月末で働いていた飲食店が閉店し、会社都合の解雇となり、無職となったので、コミックの主人公と境遇が似ているので読んでみました。 ...
読書感想(コミック含む)

読書感想「新世界より」貴志祐介著

 貴志祐介さんの「新世界より」を読みました。  物語の舞台はおよそ1000年後の日本です。  未来の日本人は9つ集落に分散して住んでいます。  ある事情により科学文明は後退しているため、集落同士は密な連絡は取れない状態です。  日本...
読書感想(コミック含む)

読書感想「アヘン王国潜入記」高野秀行著

「アヘン王国潜入記」を読みました。  氏がミャンマー北部、反政府ゲリラが支配するワ州、アヘンを栽培している村に単身5ヶ月滞在(村以外は2ヶ月で都合7ヶ月)します。  種まきから収穫までのケシ栽培に従事し、その様子をルポルタージュにまとめ...
読書感想(コミック含む)

読書感想「青の炎」貴志祐介著

 貴志祐介さんの「青の炎」を読みました。  話の内容はシンプルですが、設定や諸々の描写はリアルでした。  殺人を犯すのは高校生なので稚拙な部分もあるかと思いきや、周到に計画されます。  しかしやはり甘い部分もあります。  1つのほこ...
読書感想(コミック含む)

読書感想「邂逅の森」熊谷達也著

 熊谷達也さんの「邂逅の森」を読みました。  平成16年上半期、第131回の直木賞を受賞しています。  また、平成16年の山本周五郎賞受賞作品でもあります。  大正時代の、マタギの一生を描く物語です。  内容を読む限り、地味に思...
読書感想(コミック含む)

読書感想「大空のサムライ」坂井三郎著

 坂井三郎さんの「大空のサムライ」を読みました。  氏の著作はほかにもいくつか読みましたが「大空のサムライ」が一番おもしろかったです。  大東亜戦争関連の書籍のなかでも、トップクラスの面白さだと思います。  本人が書いている訳ではなく...
読書感想(コミック含む)

読書感想「今夜、すべてのバーで」中島らも著

 中島らもさんの「今夜、すべてのバーで」を読みました。  私は酒は飲まないので、主人公の酒の飲み過ぎによる肝硬変とか、そんなアルコールに起因した病気に対しては共感はできませんでした。  アル中は、遠くから眺めるぶんは、面白いといったら失...
読書感想(コミック含む)

読書感想「ドロレス・クレイボーン」スティーブン・キング著

「ドロレス・クレイボーン」は全編モノローグ(独白)の長篇ミステリー  スティーブン・キングの「ドロレス・クレイボーン」を読みました。  全編独白で語られる長編小説です。  最初の数ページは違和感あるけど、その違和感がなくなれば、作品世...
読書感想(コミック含む)

読書感想「隠し剣 秋風抄」藤沢周平著

「酒乱剣石割り」がお気に入り  藤沢周平さんの「隠し剣 秋風抄」を読みました。  こちらは短編集です。  木村拓哉さん主演の「武士の一分」の原作「盲目剣谺返し」が収録されています。 「盲目剣谺返し」も面白いけど、私のお勧めは断然「酒...
タイトルとURLをコピーしました