「ベター・コール・ソウル」第4話「ヒーロー」の感想

キム・ウエクスラーのイラスト
「ベター・コール・ソウル」第4話「ヒーロー」の冒頭は、ジミーの若い頃のエピソードです。
 髪の毛フサフサ。
 せこい詐欺まがいのことをやってお金を稼いでいます。

 ジミーは、大手の法律事務所とそっくりの看板を掲げます。
 この法律事務所は、ジミーの兄が共同経営者として参加していました。
 現在、その兄は電磁波過敏症という病気(本当は精神障害らしい)で、仕事ができる状態ではありません。
 ジミーは当てつけのために似た看板を作ったようです。

 商標権の侵害だから看板を撤去するように命令を受けますが、ジミーはなんとかテレビ局などに売り込んでことを大きくしようと画策します。
 小細工を施し、自らをヒーローに仕立てますが――このところはジミーらしいといえます。
 個人的には上手くいきすぎだと思います。
 その件がきっかけで新聞で報道され、宣伝となって、どうやらジミーのもとに仕事が舞い込むようになったようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました