「ベター・コール・ソウル」第9話「ピメント」の感想

キム・ウエクスラーのイラスト
※ネタバレあります。

「ベター・コール・ソウル」の第9話は、同ドラマのシーズン1の山場です。
 人が死ぬような事件などは起こらないけど、視聴していて引き込まれるものがありました。

 ちなみにタイトルの「ピメント」というのは広義ではピーマンのこと(正確にはパプリカの親戚)のようです。
 マイクのお弁当がピメントチーズのサンドイッチだったので、このタイトル名になったのかなと思います。
 マイクは怪しい仕事に足を突っ込みますが、本筋とは関係ないので割愛します。

 老人ホームの運営会社の詐欺行為ですが、案件の規模が大きいので、ジミーとその兄チャックだけでは扱いきれません。
 ということで、案件をハワードのHHMに持ち込みます。
 チャックは休職中だけどHHMの出資者でパートナーなので、大変な歓迎を受けます。
 ジミーは兄チャックとともに会議室でハワードたち事務所の幹部とミーティングを行いますが――
 ジミーが、オフィスが欲しいと言ったところ、ハワードは案件は引き受けるし、ジミーに弁護士報酬と成功報酬は払う。けど、新たな弁護士として雇うつもりはないと言います。
 ハワードとジミーは仲が悪いので、ジミーは彼の嫌がらせだと考え、案件を引き上げることにします。

 そのあと、キムはハワードになぜジミーを雇わないのか説明を求めますが、ハワードは聞く耳を持ちません。
 ですが、おそらく、描写はないけど、ハワードはキムを呼び止め、理由を説明したのだと思います。
 キムはジミーに会いに行き、案件をHHMに譲り、成功報酬をいただくほうが合理的だと説得します。
 ジミーは荒れているので、キムをなじります。
 そのあと、携帯電話のバッテリーが切れていることに気づいて――

 ジミーはチャックの家に行きます。
 結局のところ兄のチャックが、ハワードに「弟を雇うな」と言ったのでした。
 ハワードがクソだと思っていたら、実の兄がクソだった、ということです。
 郵便室係だったジミーが司法試験に合格したとき、HHMでは彼を弁護士としては雇いませんでした。この時も兄が根回しをしていたのです。
 チャックは、ジミーを弁護士として認めていません。
 正統な手段で弁護士になったわけではなく、サモア大学の通信教育を受けて司法試験を合格したジミーを、兄は認めていません。
 チャックはジミーを偽物だ、と言います。
 ジミーは毎日、新聞と、氷や食料などを届けていたけど、それを「俺は下りる」と言ってチャックの家をあとにします。

「ベター・コール・ソウル」という海外ドラマはコメディだろうと思っていたら、しっかりとした人間ドラマでした。
 ……この回を見るまではハワードは嫌なヤツだと思っていたら、実は悪者役を引き受けていただけという、実は度量の大きな人です。
 格好いい。
 それに比べてチャックは了簡が狭い。
 気持ちも分からなくもないですが、自分はジミーに共感できました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました