「ベター・コール・ソウル」第3話「ナチョ」の感想

キム・ウエクスラーのイラスト
 海外ドラマは、ストーリーが1話完結するタイプと、1話ごと繋がっていくタイプがありますが「ベター・コール・ソウル」は後者になります。
 続き物は1度でも見逃すと訳が分からなくなる場合もあるけど、ネットフリックスやHuluなどで視聴する場合は、放送を見逃すことはあり得ません。

 さておき、第3話は2話の続きとなります。
 1話とも少し関わっています。
 あの1話の横領の夫婦は伏線だったようです。

 ジミーはひょんなことからギャングと顔見知りになります。
 そのギャングが横領の夫婦の金を狙っていることを知ったジミーは、夫婦に匿名で警告を発します。
 金を横取りしようと企むのが「ナチョ」というチンピラです。
 ジミーはお調子者で胡散臭いし、この時点では仕事が成功しているとも言いがたいけど、根本的には善人なのだな、というのがわかるエピソードです。この点は、物語の根本にも関わってくることかもしれません。
「ブレイキングバッド」に出てきたソウルグッドマンは、胡散臭いけど有能な弁護士でした。
 根っからの悪人ではないけど、だからといって博愛主義に溢れた人物でもありません。
 けどこの時点のジミーって……なんというか……中途半端です。
 良い人物なのか、悪い人物なのか、よく分からない。

 あとこの回はマイクの存在感も出てきました。

「ブレイキングバッド」のスピンオフ作品「ベターコールソウル」の1話目は、少し肩すかしで、違和感を覚えました。
 ちょっと想像していたのと違いました。
 2話目で盛り返して「ブレイキングバッド」のときのソウルグッドマンそのまま。
 3話目では、すっかりとソウルグッドマンが板につきました。
「ブレイキングバッド」に比べると、このドラマはスケール感は小さいかもしれませんが、キャラの面白さは、本家にひけを取らないと感じました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました